不動産投資はマンション1棟買いが魅力的|リスク回避法

家

人気エリアでの投資会社

書類

再開発により不動産相場が上昇している大阪では、多くの不動産投資会社が物件提供をしています。その中からどのような業者を選ぶのかは大切なポイントです。長く安心して管理を任せることができる不動産投資会社を選ぶことは大切です。

View Detail

借主に選ばれる物件とは

物件

最初の投資物件購入でアパートを探す場合、新築と中古物件で探し方などが異なります。新築はデベロッパーなどに、中古の場合は不動産会社に相談することができます。今後のアパート経営は人口減少時代に備える必要があります。投資物件として魅力を持たせる必要性が生じています。

View Detail

賃貸経営を検討したら

住宅

賃貸経営を検討された場合は、資金面や入居者確保の点から収益物件の買取などを候補の一つに入れてみても良いかもしれません。収益物件の買取の場合は、売主がなぜ売るのかと言う理由も把握しておくようにした方が良いでしょう。

View Detail

不動産投資成功の為の基本

集合住宅

新築を選ぶべき

不動産投資が一般的になっており失敗しない投資方法といわれていますが、不動産の購入方法を誤ると失敗することになります。失敗しないためにはそれなりの工夫が必要なのです。マンション投資ではマンションの一室を購入し賃貸することが一般的ですが、まず新築か中古かです。新築の場合、それなりの購入費用が掛かります。対して中古は安いのですが、どちらも家賃収入を得るのであれば新築のほうがお得なのです。新築であれば比例して高い家賃でも借り手はいます。借りる側も新築を中心に探しますので、迷わず新築物件を購入すべきなのです。修理や補修の費用も新築の場合は中古ほど心配する必要がありませんのでのちに出費としてかさむことも少なく済みます。また、マンション一室を購入するよりもマンション1棟買いの方がリスクは軽減出来る可能性があります。なぜなら、一室の場合は空室になると家賃収入を得ることが出来なくなってしまうのですが、マンション1棟買いであれば空室が多少あったとしても他の部屋が利用されていると家賃収入は得ることが出来るからです。

実際に借り手の立場に立つ

マンション投資で新築物件を探す場合、どの新築物件がよいのか迷います。その場合には借りる側の視点に立って不動産を探すことが大事です。不動産を賃貸する場合借り手は家賃をある程度絞ってきます。コストとして毎月かかる費用ですのでこれ以上、これ以下の限界は必ずあります。その中で競争率が比較的低いエリアを選ぶのが得策です。検索すると競合がたくさん存在するとそれだけ需要がかけていることになります。したがって新築の同程度のマンションがほかに存在しないエリアで購入することがマンション投資成功の秘訣です。駅に近い、ショッピングゾーンがあるなどはそのうえで付加価値としてついてくることなので実際に検索したうえでマンション投資を考えれば失敗は少なくなります。