不動産投資はマンション1棟買いが魅力的|リスク回避法

不動産

借主に選ばれる物件とは

物件

物件を探す方法

不動産投資を始めるにはまず物件を見つける必要があります。投資物件の中でもアパート経営を始める予定ならば、物件探しの方法は複数あるので、その方法を情報として持っておくと役立ちます。まずアパートの場合は、新築か中古かで探し方が異なってきます。新築の場合は、アパートを建設販売しているデベロッパーに相談する方法があります。デベロッパーは顧客の要望に応じてアパート建設からさらに管理会社紹介まで引き受けてくれるはずです。狙っている投資物件が中古の場合は不動産会社を訪ねて物件を紹介してもらうことができます。また新築中古のアパートを問わずに、不動産投資コンサルタントに依頼をすることで、収益性のある物件を紹介してもらうことも可能です。

人口減少時代への対応

これからのアパート経営は、人口減少時代にいかに対応できるかが鍵だと言われています。現在の賃貸事情は借り手市場と言われており、借主側が物件を選べる状況にあります。このため投資物件としてアパート経営を成功させるには、いかに借り手を惹きつけるかが重要となるのです。投資物件として人気のあるアパートについても、入居者が常に途切れずに収益性の面で優れています。入居者が集まる理由は様々ですが、立地が良くてここでしか得られない利便性があるといった面や、条件面や設備面でオンリーワンなものがある物件なども入居者が集まる傾向です。今後のアパート経営でも、そういった他には無い強みのある物件が生き残り、また投資物件としても人気が出るとアナリストも分析しています。